次のスタンダードを創る
次の
スタンダードを
創る

vision

我々は常に最先端を走り続ける。

多くの人が我々の真似をするだろう。

結果、我々の仕事が新たなスタンダードになる。

そして我々は新たなスタンダードさえも超えていく。

仕事の質は絶対に妥協しない。
常に最高を目指す。

「これでいい」「それでいい」で良いものは生まれない。

99点では満足しない。

自分の最高 = 最高ではない。

主観的に判断せず、客観的に判断することが重要。

常に細部までこだわり満点以上を目指す。

やる気は行動で示す。
気持ちだけではやる気がないのと一緒。

やる気だけでは意味がない。

やる気を行動に移した者だけが上位5%への挑戦権を得る。

そして、やり切って結果を出した者だけが上位5%に入る資格を手にすることができる。

普通にやるだけでは駆け上がれない。

努力し、工夫し、最短で駆け上がれ。

悩んでると考えてるは違う。
悩む時間はゼロにする。

悩んでいても解決策は浮かばない。大切なのは考えること。

悩むと考えるの違いは根拠が存在するか否か。

考えれば自分なりの答えに辿り着く。

最初に答えを聞いても成長しない。

まず自分で考えて答え合わせをしよう。

インプットは大事。
でもアウトプットのほうがもっと大事。

書く、話す、伝える、毎日の小さなアウトプットの積み重ねが学びと自己成長に繋がる。

インプットとアウトプットのバランスは 3:7。

得た知識は使うことで武器になる。

全員がベストを発揮できる最強のチームに。

馴れ合いからは何も生み出せない。

仲が良いだけでは物足りない。

苦しいとき、辛いときに一緒に戦ってくれるのが本当の仲間だ。

信頼・尊敬できる仲間と最強のチームを作り上げよう。

伝え方も5割

何を伝えるかと同じくらい伝え方も重要。

相手の気持ちを考える。

否定を前提にしない。

全力には全力で向き合う。

この繰り返しが強固な信頼関係を築く。

「当たり前」「いつもやってる」は常に疑う。

状況は常に変わる。世界は進化する。自分も成長する。

昨日までの当たり前が今日の正解とは限らない。

当たり前は永遠ではない。

「いつもやってる」は理由にならない。

全ての計画はゴールから逆算する。
どんなときもゴールを忘れてはいけない。

ゴールのために『今』がある。

『今』の延長線上にゴールがある状態を常に維持する。

ゴールは何でもいい。大きくてもいい。小さいくてもいい。

目標でも夢でも野望でもいい。

ゴールを絶対に忘れるな。手段とゴールを間違えてはいけない。

変化の波に乗る。
変化をチャンスに変えていく。

変化は適応できなかった者にはピンチを与え、適応できた者にはチャンスを与える。

変化を楽しもう。

変化に適応しよう。

その先には必ずチャンスがある。

適応できる者は変化を歓迎する。

挑戦した敗者は勇者だ。
挑戦しない者は敗者にすらなれない。

失敗なくして成功なし。失敗は人を成長させる。

失敗をネガティブに捉えない。失敗から学ぶ。

失敗した者を咎めるな。挑戦者には称賛を。

失敗した者はもう一度挑戦すればいい。